フォローする

北海道に学ぶ大規模停電時のエネルギー確保術 北海道胆振東部地震・大規模停電の教訓をどう生かすか

JBPRESS

2019/01/11

0ブックマーク

獲得コイン: 0

0コメント

【視点】北海道の大停電で検証委報告 安定供給を促す自由化の設計を (1/3ページ)

SankeiBiz

2018/11/21

0ブックマーク

獲得コイン: 0

0コメント

「ブラックアウト起こりうる」 沖縄電力が停電対策実施へ

NHKニュース

2018/11/06

1ブックマーク

獲得コイン: 0

1コメント

西山 明

大停電が起きないって何故言い切れるの? 電力系統の基本的考えとして一つの設備が壊れても、影響がない(少ない)ように設備を形成する。しかし、時としてトラブルは重なり、地震、台風などは複数設備を壊してしまう可能性がある。 原発...

日本初の“ブラックアウト”、その時一体何が起きたのか

経済産業省 資源エネルギー庁

2018/11/05

0ブックマーク

獲得コイン: 0

0コメント

北海道停電 発電機設置支援を/田村貴・畠山氏 酪農家に聞く/釧路市と標茶町

しんぶん赤旗

2018/11/01

2ブックマーク

獲得コイン: 0

2コメント

西山 明

電力会社からの脱却? ドイツのシュタットベルケのような、エネルギーの地産地消を期待してしまう。 バイオマス、ガス排熱を利用した暖房 太陽光と風力 これらを組み合わせてエネルギーの地産地消モデルが出来れば一石三鳥くらいに...

北海道停電検証 教訓生かして電源の多様化を

読売新聞(YOMIURI ONLINE)

2018/10/26

1ブックマーク

獲得コイン: 0

1コメント

西山 明

電源の多様化と分散配置 地震、雷、台風、豪雨 この頃局地化している気がする。 電源の多様化というよりは、分散配置を進めるべきであるが、発電所はそう簡単に設置出来ない。地域からの賛同も必要だからだ。 電力の安定供給を切に...

(複眼)〈エネルギー 日本の選択〉ブラックアウトの衝撃

日本経済新聞

2018/10/23

1ブックマーク

獲得コイン: 0

1コメント

西山 明

供給調整は発電事業者全体で!! 電力会社が自前の発電所の出力を調整して供給調整するのが主であったが、それにも限界が来た? Fit価格で売る発電事業者にとって、調整は無駄を生む (地熱、風力、太陽光、流れ込みの水力はエネル...

北海道の大規模停電はどうして起こったの? 電気の専門家が分かりやすく解説

afterFIT

2018/10/22

7ブックマーク

獲得コイン: 43

7コメント

白髪絵里

株式会社アフターフィット

大変わかりやすかったです! 次回も楽しみにしています!

望みはないのか? 日本のエネルギー地産地消

日経 xTECH

2018/10/22

0ブックマーク

獲得コイン: 0

0コメント

全域停電の検証委員会、北海道電力が設置

日本経済新聞

2018/10/16

0ブックマーク

獲得コイン: 0

0コメント

北海道胆振・日高地方で竜巻発生か

NHKニュース

2018/10/15

1ブックマーク

獲得コイン: 0

1コメント

藤島芳浩

株式会社アフターフィットエンジニアリング

余震も続くなか、竜巻まで・・ 一日も早く気の休まる日が来ますように。

北海道大停電で見えた太陽光発電の意義と課題

PVeyeWEB

2018/10/11

1ブックマーク

獲得コイン: 0

1コメント

瀬戸 忠雄

九州や北海道では、出力制御が必須になっているのだから、大規模な再エネのPCSは、単独運転防止機能を持たずに、停電時などは電力会社からの信号で止めるように技術基準を変更しても良いと思う。

役所の自家発電 機能維持できる備えを

北海道新聞

2018/10/11

1ブックマーク

獲得コイン: 0

1コメント

まっつん

阪神淡路大震災の後、北海道においても避難所指定された高校等にトイレ・シャワー棟、体育館への電源として発電機を設置したが、かなりの時間が経過しちゃんとした保守されていない場合、今回のブラックアウトに対応できたか懸念される。

北海道厚真町などで震度5弱 先月から余震286回

朝日新聞デジタル

2018/10/05

2ブックマーク

獲得コイン: 0

2コメント

藤島芳浩

株式会社アフターフィットエンジニアリング

雪が降る真冬に地震が来て北海道のライフラインが止まらないことを願います。

ブラックアウトを教訓に 小規模分散型発電で備えを

佐賀新聞LiVE

2018/10/04

0ブックマーク

獲得コイン: 0

0コメント